西川徹郎記念文學館

HOKKAIDO ASHIKAWA

西川徹郎記念文學館について

  •  北海道唯一の詩歌文学館、西川徹郎記念文學館は、2007年5月に、旭川の中心地、市役所前の七条緑道に開館しました。
     総合文藝家西川徹郎は、現代俳句作家として全国に知られていますが、歌人、エッセイスト、文芸評論家としても数多くの著作があります。思想家吉本隆明、哲学者海原猛、国民的作家森村誠一らに評論を以て絶賛された、北海道文学百五十年の歴史の中で唯一の作家が西川徹郎です。
     当文學館は、実存俳句の創始者であり、日本の詩歌界の第一人者で、2014年第7回日本一行詩大賞特別賞を受賞した西川徹郎の詩歌文学の資料を蒐集、保存、公開し、又、學術研究を行って、西川文学を顕彰するものです。
     七条緑道は、1947年に芦別市新城峠に産まれた西川徹郎が、若き日に句帳を携えて自転車で峠を越え、神居古潭を走り、石狩川河畔に憩い、北都旭川を逍遙した折りに、思索しつつ歩いた青春の道です。
    2009年、作家森村誠一が当文學館を訪れた時、「青春の緑道」と命名しました。それを記念して、2014年、文學館前の緑道に、「西川徹郎・森村誠一〈青春の緑道〉記念文學碑」が建立されました。美しい日高青石の碑石には、西川徹郎の筆跡で、俳句作品
    抽斗の中の月山山系へ行きて帰らず
    と、短歌作品、
    初恋の傷みに堪へて月の出を見てゐる大きな月出でたれば  西川徹郎
    という文字が刻まれ、又、森村誠一の筆跡で、西川徹郎への献辞、
    永遠の狩人  森村誠一
    の文字が刻まれています。文學碑周辺のベンチは市民はもとより、旅人達、恋人達の憩の場所になっています。
    緑道の緑の木々の戦ぎの中に建つ西川徹郎記念文學館で、あなたも青春の文学の永遠の輝きに触れてみませんか。

    西川徹郎記念文學館 館長 斎藤冬海


  • 斎藤冬海館長

  • 西川徹郎記念文學館

館内紹介

動画

  • 西川徹郎記念文學館
  • 記念碑除幕式
  • 緑道朗読会
  • 第四回文學館賞記念祝賀会挨拶

施設概要


  • 建物は素朴なコンクリートブロックの集積で、耐火性・断熱性に優れた補強コンクリートブロック造とした。前面の緑道を借景にコンクリートブロックの持つ素材感を引き出し、緑道からの引きを保ちつつエントランスに至る。建物の空間構成は機能部位毎にキューブに分解、緑道からの引きの空間を挟んで再構築。緊張感のある空間で西川文学の一端を表現した。

  • 左から広瀬基氏、西川徹郎、石田悟氏
  • 1F/エントランス
    文學館講堂] 文学関係研究書籍1万冊 書家久保観堂染筆「月夜の遠足」
  • 2F/第1展示室
    少年詩人西川徹郎] 草稿ノートと草稿生原稿
    第七回日本一行詩大賞特別賞」受賞額 角川春樹と西川徹郎
    氷原帯新人賞」受賞額 細谷源二と西川徹郎 『無灯艦隊─十代作品集
    少年期の詩作品「月夜」「尼寺」 短歌『西川徹郎青春歌集─十代作品集
    エッセイ『無灯艦隊ノート』抄 吉本隆明と西川徹郎

    第2展示室

    西川徹郎詳細年譜
    緑道名作ギャラリー
    西川徹郎撮影「夕映え」、版画家・森ヒロコ「水まき」、多賀新「天使の悪夢」、市原有徳「無灯艦隊」「瞳孔祭」、ストラビンスキー「嵐の出帆
    緑道バルコニー 銀河の潺(せせらぎ)
    海底書斎(公開書斎)] 世界的書道家久保観堂「月夜の遠足」、真宗学関係研究書籍5千冊
    月夜のライブラリー]月夜の森の物語─吉本隆明 森村誠一

    2F−3F 回廊展示[西川徹郎自筆染筆]

     

  • 3F/第3展示室 東雲之間
    西川徹郎肖像 生地新城峠 新城峠の夕映え
    西川徹郎の著書一覧  諸家西川徹郎論一覧
    実存俳句とは  十七文字の世界藝術(世界文学としての俳句)
    新城峠大學 黎明學舎
    西川徹郎・森村誠一〈青春の緑道〉記念文學碑  七条緑道
    生地新城峠
    西川徹郎の代表作品  自撰句集『黄金海峡』 句集『無灯艦隊─十代作品集』
    『銀河小學校』 『幻想詩篇 天使の悪夢九千句』 歌集『西川徹郎青春歌集─十代作品集』
    エッセイ集『無灯艦隊ノート』 西川徹郎の評論  日本一行詩大賞特別賞
    西川徹郎編集兼発行「銀河系通信」  茜屋書店の既刊本  作家斎藤冬海

近隣施設

  • ①西川徹郎・森村誠一〈青春の緑道〉記念文學碑

    詩聖西川徹郎は、少年期にランボーやボードレール等を読んで文学を志し、自転車で新城峠を越え、石狩川沿岸を遡り旭川市の常磐公園や旭橋周辺を散策して多数の俳句や短歌を作った。2010年来旭した作家森村誠一は西川徹郎の詩歌を日本の文學遺産、七条緑道を〈青春の緑道〉と命名した。2015年5月西川徹郎作家生活五十年記念事業実行委員会が全国の西川文學の支持者の基金を公募し、西川徹郎文學館前の七条緑道に建立した。除幕式は同月31日午前11時より執り行われ、来旭した作家森村誠一・旭川市長西川将人ほか百名を超える市民や出席者が出席した。

  • ②七条緑道と西川徹郎文學館通り

    七条緑道は旭川市役所前広場から常磐公園まで凡そ400mの区間、オオツリバナや柳、楡などの並木道が続く旭川市の美しいメインストリート。緑橋通り側の緑道入口から買い物公園通りまでの区間が西川徹郎文學館通りと呼ばれております。西川徹郎文學館はこの七条緑道沿いに建つ、一級建築士石田悟氏によるコンクリート造三階建の瀟洒な建築物。

  • ③道立旭川美術館

    七条緑道は旭川市役所前広場から常磐公園まで凡そ400mの区間、オオツリバナや柳、楡などの並木道が続く旭川市の美しいメインストリート。緑橋通り側の緑道入口から買い物公園通りまでの区間が西川徹郎文學館通りと呼ばれております。西川徹郎文學館はこの七条緑道沿いに建つ、一級建築士石田悟氏によるコンクリート造三階建の瀟洒な建築物。

  • ④常磐公園・旭橋(石狩川河畔)

    常磐公園は緑道を通って400メートル徒歩5分。
    森に囲まれた大きな池のある都心の公園。
    北側の土手を越えれば旭橋の異様を望む石狩川の美しい流れが見える。
    十代の日の西川徹郎は、自転車でこの周辺を散策し、詩作に励んだ。

文学館市民の会について

西川徹郎記念文學館 詩と表現者と市民の会(略称・文學館市民の会)会則

〒070-0037北海道旭川市7条8丁目 緑道/PHONE 0166-25-8700
会則制定/市民の会結成総会2019年3月30日
本文製作2019年6月19日/加筆2020年2月3日

■主 旨

当会は日本近現代の〈知の巨人〉吉本隆明が〈言語表現の極北に立つ詩人〉と讃え、作家森村誠一が〈日本の文学遺産〉〈凄句〉〈凄歌〉と称んだ日本の詩歌界の第一人者で〈実存俳句〉創始者西川徹郎の資料の蒐集保存と公開と学術研究を通し、わが国の文学・芸術の世界的振興と学術文化の向上や市民の芸術的創造性の発揚を目的として2007年5月旭川市七条緑道に開館した北海道唯一の詩歌文學館「西川徹郎記念文學館」に帰属する市民道民の為のボランティアの会である/2019年1月館主西川徹郎と館長斎藤冬海が創立代表となって創設、西川徹郎記念文學館が主催する「新城峠大學文藝講演会」「西川徹郎記念文學館賞」及び各種講演会や講座及び研究会等の開催や百五十年の北海道文学史上初の学術研究誌『西川徹郎研究』及び「西川徹郎学術研究叢書」等を北都旭川市より全国各界へ向けて発信し、わが国の文学・芸術の世界的振興に寄与して参ります/当会の顧問及び副代表をはじめとした諸役員は、当館館主・代表西川徹郎の推挙に由り任に就く者であり、2020年2月現在の諸役員は下記の通りである。

■顧 問

東京大学元総長・元文部大臣・科学者 有馬朗人、日本哲学会元会長・東北大学元副学長・同大名誉教授・河合文化教育研究所主任研究員・哲学者 野家啓一、日本藝術院会員・文化功労者・作家 加賀乙彦、東京音楽大学客員教授・文化功労者・作曲家 池辺晋一郎、日本一行詩協会会長・角川春樹事務所社長・映画監督 角川春樹、総合誌「俳句界」元編集顧問・現代俳句協会会員 大井恒行、日本比較文学会元会長・武蔵大学名誉教授・文藝評論家 私市保彦、アルバ・ガッタローマ藝術家協会名誉会員・書道家 久保観堂、名古屋ボストン美術館元館長・美術評論家 馬場駿吉、教育新潮社社主・「仏教家庭学校」編集長 小端香芳、「神奈川大学評論」編集委員・学術博士・文藝評論家 小林孝吉、ノートルダム清心女子大学教授・文藝評論家 綾目広治、東京薬科大学名誉教授・理学博士 東浦康友、北京社会科学院名誉教授・国際比較文学者 千葉宣一、八重樫法律事務所所長・法律家 八重樫和裕、西願寺前住職・歴史学者 西川宗一、北海道議会元副議長 三井あき子、北海道議会議員 笠木かおる氏をはじめとした日本各界の諸氏です。

■役 員

代表 館主西川徹郎(作家・日本文藝家協会会員・真宗学者)、代表・事務局長兼務 館長斎藤冬海(學藝員・作家・真宗学者)、副代表 広瀬基(基建設社主・一級建築士) 同 澤田吐詩男(口語俳句協会会員)、イベント総括部長 惣伊田敏行(旭川ひだまりの会代表)、学術委員 泉雄司(詩人・文藝評論家)、広報部長 井上隆也(コピーライター・デザイナー)、会計 曽我部芳子(赤平市民生委員)、書記 寺坂盛雄(正信寺参与)、監査 篠田登(芦別市役所・正信寺門徒)、図書編集委員 戸島あかね(生物学者) 同 横江美莉亜(高校教員)、青年部委員 八鍬漱太(俳人)、 註 イベント開催時、統括部長は惣伊田敏行並びに副代表広瀬基・澤田吐詩男の三氏。他の役員は総括副部長兼任。市民の会会員は全員が開催委員となる。

◎西川徹郎記念文學館の学術・藝術文化の振興と社会教育・青少年教育活動に協賛し、共に活動するボランティアの道民・市民の入会をお待ちしています。又会員各位は周辺の方をご紹介下さい。

■入会申込

電話0166-25-8700/「西川徹郎記念文學館 詩と表現者と市民の会」事務局

■会費

年千円(以上は随意)/郵便振替「02700-3-69072 西川徹郎文學館」
■会員の特典
一、学術研究誌『西川徹郎研究』(編集発行・文學館/発売・茜屋書店、定価2500円+税)を進呈。
二、学術研究誌『西川徹郎研究』に西川徹郎論乃至西川文学に関わる学術論文百枚以内(400字詰原稿用紙、取捨編集室  部一任)を寄稿することが出来ます。
三、会員は文學館主催の各種イベントや集会・講座等にスタッフとして活動して頂きます。

■その他

▲当館の活動に御支援下れる方の御随意の御寄付や運営基金のカンパ等は随時受け賜っております。
▲特別基金の方には謝礼に代え文學館蔵[西川徹郎1句自筆染筆入・署名本]を謹呈します。